杜黙詩撰【ともくしさん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
杜黙詩撰

略して「杜撰」ともいう。

【読み方】
ともくしさん

「ともくしせん」とも読む。

【意味】
詩文や著作などにたくさんの誤りがあって、いい加減なこと。「杜黙」は人の名。「詩撰」は詩文を作ること。

【語源・由来】
中国宋の詩人杜黙の作る詩や文は、ほとんど定型詩の格式に合っていなかったという故事から。

【典拠・出典】
『野客叢書』「八」

【類義語】
杜撰脱漏(ずさんだつろう)


杜黙詩撰(ともくしさん)の使い方

健太
理科室から硫酸が無くなったそうだよ。
ともこ
うわあ。杜黙詩撰な管理をしていたもの。いつかこうなるんじゃないかと思っていたわ。
健太
僕も思っていたよ。理科の先生が、真っ青な顔をして警察の人と話をしていたよ。
ともこ
健太くんも気を付けなさいよ。結構、杜黙詩撰なところがたくさんあるから。

杜黙詩撰(ともくしさん)の例文

  1. 今回問題になっている官僚の発言は、杜黙詩撰というしかないような軽い発言でした。
  2. 杜黙詩撰な牢屋だったので、囚人たちが逃げてしまいました。
  3. 杜黙詩撰な案内表示のせいで、僕は道に迷ってしまいました。
  4. 調査した帳簿は、とても杜黙詩撰なものでした。
  5. 健太くんの杜黙詩撰な仕事ぶりにはあきれてしまう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索