浮瓜沈李【ふかちんり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
浮瓜沈李

【読み方】
ふかちんり

「瓜を浮かべて李を沈む」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
夏の優雅な遊びをいう。

【語源・由来】
魏文帝の文より。水に瓜を浮かべ、李(すもも)を沈めること。


浮瓜沈李(ふかちんり)の使い方

ともこ
今はやりのナイトプールって浮瓜沈李よね。
健太
日焼けをする心配がないし、夜でもひどく熱い熱帯夜が増えているから夜のプールっていいよね。
ともこ
健太くんは、普段は外を走り回っているのに日焼けをしたくないの?
健太
僕は日焼け止めをしっかり塗って、美白を心がけているんだよ。

浮瓜沈李(ふかちんり)の例文

  1. 夏の夜にする線香花火は浮瓜沈李、とても風流な遊びです。
  2. 鴨川の納涼床で食事をするのは浮瓜沈李で、夏になると毎年行くことにしています。
  3. 屋台船に乗りながら隅田川の花火を見るのは浮瓜沈李、最高の贅沢ですが、スカイツリーから見下ろす花火も乙ですよね。
  4. 高原の清らかな川で涼をとりながらバーベキューをするなんて浮瓜沈李、最高に夏を楽しんでいる気がします。
  5. 浮瓜沈李を楽しまないで、この猛暑は乗り切れないしやっていられないと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事