永遠不滅【えいえんふめつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
永遠不滅

【読み方】
えいえんふめつ

【意味】
いつまでも滅びないこと。

【由来】
「永遠」は永久、終わることなく続くこと。「不滅」はいつまでもなくならないことから。

【類義語】
・千古不朽(せんこふきゅう)
・千古不滅(せんこふめつ)
・万世不朽(ばんせいふきゅう)
・万代不朽(ばんだいふきゅう)
・不朽不滅(ふきゅうふめつ)

【対義語】

【英語訳】
never fall

fallは「滅びる」という意味の動詞。
英文例
その選手の記録は永遠不滅のものとなった。The score of that player became to never fall.

永遠不滅(えいえんふめつ)の使い方

ともこ
健太くん、なんだかうれしそうね
健太
うん、ぼくが大好きな選手が、安打数で世界記録を塗り替えたんだ
ともこ
あ、それニュースでみたわ。すごい偉業ね
健太
だよね、だってその前の記録がものすごくて、永遠不滅だって言われてたんだから

永遠不滅(えいえんふめつ)の例文

  1. 彼女が宝石収集に没頭したのは、宝石は永遠不滅のもので、永久に輝き続けるからだ。
  2. その王の悪逆非道は永遠不滅に語り継がれ、今でも歴史の教科書に必ず載っていて、知らない国民がひとりもいないほどだそうだ。
  3. 化石は永遠不滅の存在で、遠い過去の地球の様子を教えてくれる貴重なものだ。
  4. 歴史を学んでいてつくづく思うのは、この世には永遠不滅な国などないということだ。どんなに隆盛を極めた国でも、いつかは衰退して滅びてしまう。
  5. 私は先日、夫の浮気が原因で離婚した。結婚したときに誓った愛は永遠不滅だと信じていただけに、夫の浮気はものすごくショックで、とても許せなかったからだ。

まとめ

「永遠」は永久、終わることなく続くことを、「不滅」はいつまでもなくならないことを表すことから、永遠不滅(えいえんふめつ)は、いつまでも滅びないことを表す言葉となりました。物理的なもので、永遠不滅(えいえんふめつ)なものは、まずありませんが、歴史的な事実は永遠不滅(えいえんふめつ)です。この貴重な歴史からいろいろな事を学び、これからの世の中を良くすることに役立てていきたいものでです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事