読書亡羊【どくしょぼうよう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
読書亡羊

【読み方】
どくしょぼうよう

【意味】
重要なことを忘れて、他のことに夢中になること。「書を読みて羊を亡う」とも読む。

【語源・由来】
「荘子」駢拇より。「亡羊」は羊に逃げられること。羊の見張りをしていた二人の男は、一人は読書に、一人は博打に夢中になって見張りを忘れて、羊に逃げられてしまったが、逃げられたという点では、読書も博打も同じ罪であるということから。


読書亡羊(どくしょぼうよう)の使い方

ともこ
健太くん。女の子ばかり追いかけていて大丈夫なの?
健太
学生は青春しないともったいないよ!
ともこ
学生の本業は勉強よ。読書亡羊、恋にかまけて勉強がおろそかになってはいけないと思うわ。
健太
おっしゃる通りです。

読書亡羊(どくしょぼうよう)の例文

  1. 読書亡羊、大事な試験の日であることを忘れて、あたたかい布団の中で二度寝を楽しんでいました。
  2. 大事な商談の約束を忘れて、読書亡羊、高校野球の決勝戦を夢中になってみていました。
  3. プラモデルの製作に夢中になり、読書亡羊、仕事に行くのを忘れていました。
  4. パチンコに夢中になり、読書亡羊、車中に置きっぱなしの子供を忘れる親が少なくないそうです。
  5. 話好きな近所のおばさんと立ち話をしていたら、読書亡羊、買い物をするのを忘れていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事