読書亡羊【どくしょぼうよう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
読書亡羊

【読み方】
どくしょぼうよう

日本漢字能力検定
5級

【意味】
羊の放牧中、本を読んでいて番を怠けたため、羊に逃げられてしまった意。転じて、他のことに熱中しすぎて、、肝心な仕事をおろそかにすることのたとえ。

「亡羊」は、羊を逃がしてしまうこと。

【語源・由来】
「荘子」駢拇より。二人の男が羊の放牧をしている最中に、羊に逃げられてしまった。事情を問うと、一人は読書に夢中になっていたと答え、もう一人は博打に夢中になっていたと答えた。読書も博奕も理由の差こそあれ、二人とも羊を逃がしてしまったという点では同罪であるという故事から。


読書亡羊(どくしょぼうよう)の使い方

ともこ
健太くん。女の子ばかり追いかけていて大丈夫なの?
健太
学生は青春しないともったいないよ!
ともこ
学生の本業は勉強よ。読書亡羊、恋にかまけて勉強がおろそかになってはいけないと思うわ。
健太
おっしゃる通りです。

読書亡羊(どくしょぼうよう)の例文

  1. 読書亡羊、大事な試験の日であることを忘れて、あたたかい布団の中で二度寝を楽しんでいました。
  2. 大事な商談の約束を忘れて、読書亡羊、高校野球の決勝戦を夢中になってみていました。
  3. プラモデルの製作に夢中になり、読書亡羊、仕事に行くのを忘れていました。
  4. パチンコに夢中になり、読書亡羊、車中に置きっぱなしの子供を忘れる親が少なくないそうです。
  5. 話好きな近所のおばさんと立ち話をしていたら、読書亡羊、買い物をするのを忘れていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事