通儒碩学【つうじゅせきがく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
通儒碩学

【読み方】
つうじゅせきがく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
学問の奥義をきわめた大学者のこと。

【語源・由来】
「碩」は大きいという意味で、「碩学」は大学者のこと。

【類義語】
・碩学鴻儒(せきがくこうじゅ)
・碩学大儒(せきがくたいじゅ)


通儒碩学(つうじゅせきがく)の使い方

健太
ともこちゃんは、大人になったら何になりたいの?
ともこ
野口英世のような通儒碩学になりたいの。私も病気の研究をして多くの人を助けたいのよ。
健太
野口英世は、ノーベル賞に何度も推薦されているんだよね。
ともこ
そうなのよ。残念ながら受賞することはなかったけれども、彼の偉業は、これからも後々の世まで語り継がれるわ。

通儒碩学(つうじゅせきがく)の例文

  1. 教授陣に通儒碩学が大勢いるあの大学を受験したいと思っています。
  2. 通儒碩学になるために、寝る間を惜しんで研究をして論文を書いています。
  3. ともこちゃんのような通儒碩学とこの星空を見上げたら、星の名や由来について語ってもらえるんでしょうね。
  4. 通儒碩学になって名誉教授に名を連ねたいんだ。
  5. 道を極め通儒碩学になるには、努力とあわせて運も必要なんだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事