朝有紅顔【ちょうゆうこうがん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
朝有紅顔

【読み方】
ちょうゆうこうがん

【意味】
人生の無常のたとえ。

【語源・由来】
若さにあふれている血色のよい美少年も、あっという間に白骨と化してしまうという意味。「朝(あした)に紅顔有りて、夕べに白骨となる」による。

【典拠・出典】
蓮如「御文章」

【類義語】
諸行無常(しょぎょうむじょう)
愛別離苦(あいべつりく)
会者定離(えしゃじょうり)


朝有紅顔(ちょうゆうこうがん)の使い方

ともこ
健太くん。いつまで寝ているつもり?
健太
やっとテスト週間が終わったんだから、もう少し寝ていても罰は当たらないと思うよ。
ともこ
朝有紅顔、人生ははかないのよ。浦島太郎のように気が付いたら年老いてしまっているわよ。
健太
それは嫌だなあ。

朝有紅顔(ちょうゆうこうがん)の例文

  1. 地球の歴史に比べれば、人間の一生なんて一瞬で朝有紅顔です。
  2. 毎日を 大切にして生きていかないと、朝有紅顔、あっという間に年をとってしまいます。
  3. 若いうちに勉強をしておかないと朝有紅顔、後で後悔することになるわよ。
  4. 昨日は元気だった健太くんの訃報を聞き、朝有紅顔って本当だと思いました。
  5. 朝有紅顔、栄枯盛衰、人生ははかなく無常なのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索