羽化登仙【うかとうせん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
羽化登仙

【読み方】
うかとうせん

【意味】
酒などに酔って快い気分になることのたとえ。天にも昇る心地。羽が生え仙人になって、天に昇る意から。

【語源・由来】
「羽化」は羽が生えて、空を自由に翔かける仙人になること。「登仙」は天に昇って仙人になる意。

【典拠・出典】
蘇軾「前赤壁賦」


羽化登仙(うかとうせん)の使い方

ともこ
昨日は、お父さんの誕生日だったんだけど、お酒をたくさん飲んですごく楽しそうだったの。
健太
そう、お祝いしてあげたんだね。お父さんもうれしかったんだね。
ともこ
お父さんは、お母さんと結婚してよかったと改めていったのよ。羽化登仙のようだったの。
健太
よかったね。たのしい夜がすごせたね。

羽化登仙(うかとうせん)の例文

  1. 羽化登仙の心境で寝入ってしまった。
  2. 古来より、名の知れた仙人が、羽化登仙したおりの国が描かれている。
  3. 今日は旧友と無礼講の酒宴で飲んで、羽化登仙の気持ちであるが、明日になればいつもと変わらない日常の日々が始まる。
  4. 今日の酒は飛びきりうまい。羽化登仙の心地だよ。
  5. 彼から結婚の申し込みがあり、羽化登仙の心持になってしまった。

まとめ

『羽化登仙』とは、人間の身体に羽根が生えて、天上(仙人の世界)に登っていき仙人になることである。
仙人とは古代中国の『道教・老荘思想』において、理想的な心理的境地に到達したとされる隠棲者で、多くは白い髭を伸ばした老人としてイメージされる。道教や老荘思想において、世俗を離れて隠遁する超能力者である仙人に憧れる思想を『神仙思想』と呼んだりもするが、山奥に隠棲する仙人の多くは不思議な超能力(秘術)を用いたり、不老不死であったりする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索