禹行舜趨【うこうしゅんすう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
禹行舜趨

【読み方】
うこうしゅんすう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
見た目を真似しているだけで、実質がともなっていないたとえ。
聖人の動きを真似しているだけで聖人のような徳はないこと。

【語源・由来】
聖天子とされる禹や舜の表面上の行動だけをまねして、実質的な聖人の徳を備えていないこと。禹のように歩き舜のように走って、聖人をまねるだけで実質がない意から。

「禹」は舜に位を禅譲されて夏王朝の開祖となり、「舜」は尭から天子の位を禅譲されたとする人。いずれも中国古代伝説上の聖天子。「趨」は走る意。

【類義語】
・禹歩舜趨(うほしゅんすう)

【英語例文】
Just by imitating the appearance, real is not accompanied.
うわべをまねるだけで実質が伴っていない。


禹行舜趨(うこうしゅんすう)の使い方

ともこ
健太くん、Sさんなんだけど、自然と周りから友だちがさっていくのよ。
健太
そうだね、外見と中身に大きな違いがあって、禹行舜趨であまりよく思われていないよね。
ともこ
まったく・・・、もう少し自分自身を見直してほしいね。
健太
友だちも去ってしまうから事態を考えてくれるといいのにね・・・

禹行舜趨(うこうしゅんすう)の例文

  1. 心身ともに立派な研究家の意志をついだが、禹行舜趨で受け継ぐことはできない。
  2. わかりやすい見た目の礼儀正しさばかりを身につけて、禹行舜趨になりやすい傾向がある。
  3. 禹行舜趨な人は立派な理想や夢を語るが、それを実際に行動にうつすことができない。
  4. 立派な研究者にあこがれていたが、禹行舜趨で到底たどりつけない。

まとめ

「禹行舜趨」の人っていますね。会社の上司でも自分は優れているんだ〜と言っている人、納得してあげないと先に話しが進んでいかない。もう少し自己開発をしてほしいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事