洞庭春色【どうていしゅんしょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
洞庭春色

【読み方】
どうていしゅんしょく

日本漢字能力検定
2級

【意味】
みかんで醸造した酒の名前。洞庭湖の春景色という意味。

【語源・由来】
蘇軾の「洞庭春色賦」引より。


洞庭春色(どうていしゅんしょく)の使い方

健太
父さんは洞庭春色というみかんのお酒が好きなんだ。
ともこ
みかんで作られたお酒?すごくいい香りがしそうね。
健太
そうなんだ。みかんのいい香りがして、お酒を飲むことができない僕でも飲んでみたくなるんだよ。
ともこ
飲酒は20歳になるまで我慢しましょうね。

洞庭春色(どうていしゅんしょく)の例文

  1. 洞庭春色を飲むと、日々の憂いを忘れることができます。
  2. 健太くんは洞庭春色を飲んでご機嫌でした。
  3. 洞庭春色は甘くておいしく、黄金色のきれいなお酒です。
  4. 待てば待つほどおいしい洞庭春色ができますよ。
  5. 洞庭春色はオレンジジュースを飲んでいるようで、とても飲みやすく、お酒が苦手な人でも飲むことができます。

まとめ

みかん酒はみかん500g、氷砂糖100g、ホワイトリカー35度900ccを煮沸消毒した瓶に詰めて、数か月置いておくだけでおいしいお酒ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事