家鶏野雉【かけいやち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
家鶏野雉
「家鷄野雉」とも書く。

【読み方】
かけいやち

日本漢字能力検定
1級

【意味】
古いものを嫌って新しいものを好むこと。家で飼っている鶏を嫌って、野性のきじを好むという意味から。

【語源・由来】
「太平御覧」九一八引「晋書」より。中国の晋の時代の書家のユ翼は、世間の評判が書家の王羲之に集まることに嘆いたという故事から。「家鶏を厭い、野雉を愛す」とも書く。

【類義語】
・家鶏野鶩(かけいやぼく)

【スポンサーリンク】

家鶏野雉(かけいやち)の使い方

ともこ
健太くん。なんだか機嫌が悪いわね。
健太
そうなんだ。家鶏野雉なんだ。弟が生まれてから、父さんや母さんだけじゃなく、おばあちゃん達まで弟のことばかりなんだ。
ともこ
それはしょうがないわよ。健太くんだって、大きい猫より子猫の方が可愛いって思うでしょう?
健太
そうだけど、寂しいんだよー。

家鶏野雉(かけいやち)の例文

  1. 家鶏野雉、少し前までパンケーキがもてはやされていたのに、今ではグルテンフリーが主流で売れなくなってしまいました。
  2. 家鶏野雉の傾向が強い彼は、新しいものに飛びつき、あとでカードの明細を見て後悔しています。
  3. 家鶏野雉の彼女は、新製品と聞けばすぐにコンビニに買いに走ります。
  4. この家の家具のほとんどが、家鶏野雉の彼が、飽きて捨てたものをもらったものです。
  5. 家鶏野雉の彼女は、流行に振り回されています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事