常住坐臥【じょうじゅうざが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
常住坐臥

「常住座臥」とも書く。

【読み方】
じょうじゅうざが

【意味】
ふだん、いつも。

【語源・由来】
「常住」はいつもという意味。「坐臥」は座ることと寝ること。座っているときも寝ているときもという意味から。「行住坐臥」の「行住」と、「常住」が混同されてできた言葉。

【類義語】
・行住坐臥(ぎょうじゅうざが)
・日常坐臥(にちじょうざが)

【スポンサーリンク】

常住坐臥(じょうじゅうざが)の使い方

健太
ともこちゃんは計算が大好きだよね。
ともこ
そうね。常住坐臥、頭の中で計算しているわ。
健太
夢の中でも計算しているの?
ともこ
うん。夢の中でも計算し続けているわ。毎日楽しいわよ。

常住坐臥(じょうじゅうざが)の例文

  1. ともこちゃんと出会った日から常住坐臥、ともこちゃんのことを考えています。
  2. 健太くんは作家なので、常住坐臥、散歩中も電車に乗っているときも、新作のネタを探しています。
  3. 常住坐臥、仕事のことを考えていたら鬱病(うつびょう)になってしまいました。
  4. 飴ちゃんが好きなので、常住坐臥、ポケットに持ち歩いています。
  5. 常住坐臥、会社のことを考えている愛社精神にあふれた人っているのでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事