友好関係【ゆうこうかんけい】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
友好関係

【読み方】
ゆうこうかんけい

【意味】
ある主体がお互いに親しい間柄であることを意味する表現。


友好関係(ゆうこうかんけい)の使い方

健太
蚊に刺されると何でかゆくなるのかな?
ともこ
本当よね。かゆくならなければ、蚊と友好関係を結んで、少しぐらい血を分けてあげてもいいのに。
健太
何で血をとられた上に毒素を置いていかれないといけないんだろうね。
ともこ
蚊と友好関係を築くのは難しいわね。

友好関係(ゆうこうかんけい)の例文

  1. 日本とトルコは友好関係にあります。
  2. 日本とオーストラリアは、基本的に友好関係ですが、捕鯨に関する考えの違いから対立があります。
  3. 隣の国の王女と結婚するなど近隣との友好関係の維持に尽力しました。
  4. 中国は、パンダを他国に貸すことで友好関係を結んでいます。
  5. 戦争ばかりだったこの国は、いまや平和で幸福であり、ほかの国ともうまく友好関係を結んでいます。

まとめ

トルコと日本の友好関係は、1890年に軍艦エルトゥールル号が和歌山県串本町沖にある、紀伊大島の樫野埼東方海上で遭難した事故が始まりと言われています。500名以上の犠牲者を出したこの事故で、日本人が必死に救助にあたったことに対するトルコ側の感謝の気持ちが今も続いているそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事