比翼連理【ひよくれんり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
比翼連理

【読み方】
ひよくれんり

【意味】
夫婦の愛情が深く、非常に仲がよいことをたとえた言葉。

【語源・由来】
白居易「長恨歌」より。「比翼」は目と翼が一つしかなく、雌雄が常に一体となって飛ぶとされている比翼の鳥のこと。古代中国の想像上の動物。「連理」は別々の木の枝や幹がくっついて、まるで一本の木であるかのように木理(木目)が一つになったもののこと。どちらも、男女間の愛情が深く仲がよいことのたとえ。

【類義語】
・鴛鴦之契(えんおうのちぎり)
・偕老同穴(かいろうどうけつ)
・関関雎鳩(かんかんしょきゅう)
・琴瑟相和(きんしつそうわ)
・連理之枝(れんりのえだ)


比翼連理(ひよくれんり)の使い方

健太
あのおじいちゃんとおばあちゃん、とても素敵だね。手をつないでいるよ。
ともこ
比翼連理な夫婦ねえ。私も結婚するならああいう夫婦になりたいわ。
健太
支えあって生きている感じで幸せそうだね。
ともこ
縁側でお茶を飲む姿が似合いそう。いいなあ。

比翼連理(ひよくれんり)の例文

  1. 僕の両親は、お互いを思いあっている比翼連理な夫婦です。
  2. いつまでも比翼連理なカップルでありたいです。
  3. 結婚して30年たった今でも恋心を忘れない比翼連理な夫婦です。
  4. 比翼連理な夫婦で結構ですが、仲が良すぎです。
  5. 比翼連理な両親は喧嘩をしたことがありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事