時時刻刻【じじこっこく】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】
時時刻刻

【読み方】
じじこっこく

【意味】
その時その時という意味。物事が引き続いて起こることをいう。また、次第次第や時を追ってという意味。

【語源・由来】
同じ意味の言葉を繰り返すことで、その意味を強調している四字熟語

「刻刻」はこくこくとも読む。

【英語訳】
every moment

英語例文
サッカーの面白いところは時時刻刻と展開して行くところだ。
The great thing of soccer is the way game changing every moment.
【スポンサーリンク】

時時刻刻(じじこっこく)の使い方

健太
ともこちゃん、とうとうだね!しばらく会えなくなるけど、頑張って来てね!応援してるよ!
ともこ
ありがとう!アメリカ行ってもメールするからね、、、寂しくなるな。会えなくなるなんてぜんぜん実感わかないよ。
健太
俺もさみしいけどさ、でもたった1年でしょ!またすぐに会えるよ!それまで俺も日本で頑張ってるからね。メール楽しみにしてるよ。
ともこ
出発時間が時時刻刻と迫って来たよ。絶対連絡するから、健太くんも連絡してよね!それじゃあ行ってきます!

時時刻刻(じじこっこく)の例文

  1. 悪いこととは続くもので、少し前におばあさんが亡くなったと思ったら、次は息子が骨を折って入院した。時時刻刻と悪いことが起こっている。
  2. この面接は私にとってとても大きな意味がある。絶対にこの面接ではいい結果を残したいからこの時のために準備を進めて来た。その時が時時刻刻と迫って来た。お腹が痛くなるくらいとても緊張する。
  3. 占いでは私が60歳になったら宝くじに当たると言っていた。その時が時時刻刻と近づいて来ている。
  4. 世界情勢は時時刻刻と常に変化をしている。いつでも注意を払い、またそれに対し正しい対処をしていくことが重要である。
  5. この季節は空気も澄んでいて、この場所からだと景色が時時刻刻と変化しいく様がはっきりと見えて、とても美しい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事