助長抜苗【じょちょうばつびょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
助長抜苗

【読み方】
じょちょうばつびょう

「長を助けんとして苗を抜く」とも読む。
日本漢字能力検定
2級

【意味】
成長を助けようとして力をかすことがかえって成長を妨げること。

【語源・由来】
『孟子』「公孫丑・上」より。宋の農夫が稲の成長を助けようとして苗をひっぱたら、かえって苗が枯れてしまったことから。


助長抜苗(じょちょうばつびょう)の使い方

健太
母さんが、いつも僕のやることに手を出すから、僕は不器用な人間に育ってしまったよ。
ともこ
助長抜苗ね。親は、黙って見守ることも必要よね。
健太
もっと僕を信じて見守ってほしかったなあ。
ともこ
今からでも遅くないわよ。親離れ、子離れをして自分を磨きましょうよ。

助長抜苗(じょちょうばつびょう)の例文

  1. 過保護すぎると、助長抜苗、自分で判断することができない人間になります。
  2. 助長抜苗、功を焦って誤った方法をとることが無いよう、常に冷静でいよう。
  3. 転ばぬ先の杖を子のために親が用意するのは、助長抜苗でしかない。
  4. 彼女がやっていることは、助長抜苗、子供の才能を潰す行為です。
  5. 冷暖房が整った好環境は、子供にとって助長抜苗、体温調節が苦手な子供になりかねません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事