寂光浄土【じゃっこうじょうど】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
寂光浄土

【読み方】
じゃっこうじょうど

日本漢字能力検定
2級

【意味】
仏の住んでいる世界。また、仏道に励んで究極の悟りに達した境界のこと。
「寂」は真理の静寂、「光」は真知の光照。「浄土」は汚れのない国。

【語源・由来】
『浄名経疏』より。

【類義語】
・極楽浄土(ごくらくじょうど)
・十万億土(じゅうまんおくど)


寂光浄土(じゃっこうじょうど)の使い方

健太
死んだあとは寂光浄土に行くと思えば、死ぬことは怖くないね。
ともこ
何を言っているの?健太くんは、自分が寂光浄土に行けると思っているの?
健太
思っているけど、どうしたの?
ともこ
テストでいつも0点をとってお母さんを泣かせている人が、寂光浄土に行けるわけがないじゃないの。もっと修行を積んでからよ。

寂光浄土(じゃっこうじょうど)の例文

  1. 寂光浄土の極楽は、さぞ美しいところなのでしょうね。
  2. 浄土宗では、念仏を唱えれば、寂光浄土に行けると教えています。
  3. あらゆる煩悩から解放されれば、寂光浄土に行くことができると信じています。
  4. 寂光浄土に行くために、毎年除夜の鐘を鳴らし続けています。
  5. 寂光浄土は真理の光が満ちている世界で、まだまだ未熟な僕には足を踏み入れることができない世界です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事