樹下石上【じゅかせきじょう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
樹下石上

【読み方】
じゅかせきじょう

「じゅげせきじょう」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
出家行脚の境遇のこと。路ばたの木の下や石の上で寝泊まりするという意味。

【類義語】
・石上樹下(せきじょうじゅげ)


樹下石上(じゅかせきじょう)の使い方

ともこ
健太くん。頭が丸坊主になっているわ。どうかしたの?
健太
樹下石上の旅に出ることにしたんだよ。
ともこ
修行僧になるの?こらえ性がない健太くんには無理よ。三日ともたないと思うわ。
健太
絶対に一年は帰ってこない!笑っていられるのも今のうちだからね。さみしくなっても知らないからね。

樹下石上(じゅかせきじょう)の例文

  1. テレビゲームが大好きな健太くんに樹下石上の生活は無理だと思います。
  2. 樹下石上の旅に出たことがあるので、一日くらい野宿になっても平気です。
  3. 今の健太くんは、樹下石上の旅に出ていたので、昔の健太くんと違って、とてもたくましくなっています。
  4. 樹下石上の生活で、自然を身近に感じながらの生活をしていたので、天気を予想するのがうまくなりましたよ。
  5. 樹下石上の旅で得たものは、お金では買えないとても貴重なものばかりです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事