十年一日【じゅうねんいちじつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
十年一日

【読み方】
じゅうねんいちじつ

【意味】
長い間同じことをくりかえしていること。
また、長い間同じやりかたや状態を辛抱強く守っていること。

【語源・由来】
十年もの長い間、少しも変化や進歩、成長がないことから。

【類義語】
・旧態依然(きゅうたいいぜん)

【対義語】

【英語訳】
without intermission for many years; with constancy of purpose for many years; in the same old rut for years on end

【スポンサーリンク】

十年一日(じゅうねんいちじつ)の使い方

健太
ぼくのおじいちゃんは、毎日同じメニューの食事をしていて、一日一時間の散歩も欠かさないらしい。
ともこ
それはなかなかマネできないことね。他のものを食べたくならないのかしら。
健太
同じことをくり返すことで、同じ毎日が巡ってくるんだと話していたよ。
ともこ
十年一日の如く、その生活を続けているのね。

十年一日(じゅうねんいちじつ)の例文

  1. 長生きの秘訣はなにかと聞くと、十年一日の如く、毎日同じ生活をするように心がけることだと答えた。
  2. 十年一日の如く、栄養バランスの取れた食事と適度な運動を欠かさないことが、健康に過ごすためには重要だ。
  3. 彼女は若い頃から、その生活を続けているらしい。十年一日の如く過ごすとは、意志が強い人なのだろう。
  4. 彼は寝る前に一杯だけ、お酒を飲むことにしている。十年一日の如く、そうやって過ごしているらしい。

まとめ

十年一日というように、長い間同じやり方をくり返すことは、簡単にできることではないのではないでしょうか。
しかし、良い習慣は長く続けることで、その効果を得ることができるのではないでしょうか。
悪い習慣は早く断ち切り、健康に長生きできるような習慣を身につけることができると、よいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事