銷鑠縮栗【しょうしゃくしゅくりつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
銷鑠縮栗

【読み方】
しょうしゃくしゅくりつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
意気が阻喪して縮み上がっておそれること。

【語源・由来】
韓愈の文より。「銷鑠」はとろけるという意味から、意気消沈すること。「縮栗」は縮み上がっておそれること。「栗」は「慄」に同じ。


銷鑠縮栗(しょうしゃくしゅくりつ)の使い方

ともこ
健太くん。こんなところでどうしたの?もうすぐ空手の試合が始まるわよ。
健太
僕の試合の相手を見た?すごく体が大きくて強そうなんだ。
ともこ
銷鑠縮栗している場合じゃないわよ。大体、見掛け倒しかもしれないじゃないの。
健太
そうだったらいいなあ。

銷鑠縮栗(しょうしゃくしゅくりつ)の例文

  1. 理科室で真っ白なお化けのような物体が動くのを見て、銷鑠縮栗してしまいました。
  2. ともこちゃんににらまれた健太くんは、蛇ににらまれたカエルのように銷鑠縮栗して震えていました。
  3. 受験の倍率を見て、一瞬、銷鑠縮栗してしまったけれども、今までの努力を出しきることができればきっと大丈夫だ。
  4. いきなり怒鳴られ、銷鑠縮栗して、逃げ遅れてしまいました。
  5. 優勝候補のチームを前にすると、だれしも銷鑠縮栗して、気持ちから負けてしまうものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事