十年一昔【じゅうねんひとむかし】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
十年一昔

【読み方】
じゅうねんひとむかし

【意味】
世の中の移り変わりが激しいことのたとえ。

【語源・由来】
十年という年月をひと区切りにして、それ以前は昔のように思うということ。
十年も経てば、世の中はなにかしら変わるということ。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
Ten years is a long time.; [expression suggesting that] the pace of change makes ten years back seem like ancient history

【スポンサーリンク】

十年一昔(じゅうねんひとむかし)の使い方

健太
ともこちゃん、大きな荷物を持ってどこへ行くの?
ともこ
お母さんが若い頃着ていた服を取っておいたからと、おばあちゃんがらもらったのだけど、困っているのよ。
健太
せっかくだから、着ればいいじゃないか。どうして着ないの?
ともこ
十年一昔というけれど、それ以上前の服なんて古くて着たくないわ。

十年一昔(じゅうねんひとむかし)の例文

  1. 十年一昔というけれど、十年なんてあっという間に過ぎてしまった。
  2. 十年一昔というけれど、携帯電話は特に大きな発展を遂げていると思う。
  3. まるでつい最近のことのように話しているけれど、十年一昔というように、十年も経つといろいろなことが変わってしまうのよ。
  4. 変化を受け入れているつもりだが、十年一昔なんて早すぎて驚いてしまう。
  5. 十年前には想像もしなかったことが、次々に実現されていて、十年一昔ということを実感してしまった。

まとめ

十年一昔というように、世の中の移り変わりというものは、目まぐるしいものではないでしょうか。
十年前に発売されたばかりのものも、十年経つと持っていて当たり前になっていたりしますね。
過ぎ去った時間を懐かしく思うこともありますが、これから先にはどんな発展を遂げるのか、楽しみにするのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事