快馬加鞭【かいばかべん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
快馬加鞭

【読み方】
かいばかべん

【意味】
なお一層スピードアップすること。努力を続けて、絶えず前進することのたとえ。

【語源・由来】
疾走する馬に、鞭を加えることから。

【類義語】
・駆け馬に鞭
・駿馬に鞭を打つ
・拍車を掛ける

【対義語】

【英語訳】

【スポンサーリンク】

快馬加鞭(かいばかべん)の使い方

ともこ
健太くん、宿題のスピードを上げないと夏休みが終わってしまうわよ。さあ、がんばれ!ああ、間に合ったら、健太くんが欲しがっていたゲームを買ってもいいって健太くんのお母さんが言っていたわ。
健太
みんなで、僕にあの手この手で、鞭を加えて、快馬加鞭、宿題を一日も早く終わらせようとしているね。
ともこ
快馬?あら、健太くんはいま、疾走しているの?失速しているのかと思って心配して応援に来たのだけれども。
健太
なかなか進んでいないように見えるかもしれないけど、全力疾走、爆走中だよ。

快馬加鞭(かいばかべん)の例文

  1. 締め切り日には余裕があるが、いろんな出版社の仕事を複数抱えてしまったので、担当の編集者はあの手この手を使って快馬加鞭させて、私に書き上げさせようとしている。
  2. 彼は仕事がはやいけれど、君が、彼に笑顔で「がんばってくださいね」と言えば快馬加鞭でもっとはやく仕上げることができるだろうよ。
  3. 新作のゲームに集中して取り組みたくて、一週間有給をとることにしたので、快馬加鞭で仕事を片付けた。
  4. ホテルのカフェで出されているパフェをおごるからと言ったら、もともと仕事が早い人だけど、快馬加鞭で仕事を終わらせた。
  5. マラソン大会に出場して長い道のりを走ってきたが、ようやくゴールが視界に入ったので、急に心も体も軽くなり、快馬加鞭でゴールまで疾走した。
  6. ここまで快馬加鞭で、努力し続けてきたので、今回いただいた賞は、その日々が無駄ではなかったという証になったので万感の思いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事