暗香浮動【あんこうふどう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
暗香浮動

【読み方】
あんこうふどう

【意味】
暗闇の中で、どこからともなく花の香りがかすかに漂うこと。特に梅の場合についていうことが多い。かすかに感じる春の訪れを表す。

【由来】
暗香浮動の「暗香」とは暗闇の中、どこからともなく花の香りがすることを意味する、「浮動」はふわふわと漂っていること。

【類義語】
・暗香蓊勃(あんこうおうぼつ)
・暗香疎影(あんこうそえい)

どれも同じ意味だが、暗香浮動を使うのが一般的

【対義語】

【英語訳】
feel spring by the fragrance of flowers bloomed.

英語例文
昨日はとてもいい陽気で、暗香浮動して春を感じた。
Yesterday it was so nice I felt spring by the fragrance of flowers bloomed.

暗香浮動(あんこうふどう)の使い方

健太
ともこちゃんなんだかとってもいい匂いがするね。暗くてはっきり見えないけど、お花が咲いてるのかな?
ともこ
本当にいい香りね。梅の香りみたい。たまには夜に散歩するのもいいものね。暖かいし気持ちがいいわ。
健太
こういうことを暗香浮動って言うんだな。もうすぐ春になるんだね
ともこ
もう春なのね。だからこんなに暖かいんだわ。花もたくさん咲いて、とても綺麗よ。もう少し見て行きましょうよ。

暗香浮動(あんこうふどう)の例文

  1. この時期の深夜の梅園は、とても静かで暗香浮動して心地よい。もう春が近づいている。
  2. 春には散歩をするのが好きだ。花の香りが暗香浮動して目にも花にも美しく、歩いているだけでとても楽しく、気持ちがいい。
  3. 暗香浮動を初めて感じた。なんだかウキウキする気分だ。いい匂いがして天気もいいから自然とスキップをしてしまう。
  4. 日本の四季はそれぞれ違ってそれぞれに楽しみがある。特に春は暗香浮動し自然と始まりが感じられれる。一番好きな季節の一つだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事