寒山枯木【かんざんこぼく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
寒山枯木

【読み方】
かんざんこぼく

【意味】
ものさびしい山と枯れた木々。冬枯れの厳(きび)しい風景をあらわした言葉。

【語源・由来】
「寒山」はひっそりとしてさびしい山。
「枯木」は枯れて、葉が見えない木。

【類義語】
・秋風蕭条(しゅうふうしょうじょう)
・秋風落莫(しゅうふうらくばく)
・満目荒涼(まんもくこうりょう)
・満目蕭条(まんもくしょうじょう)
・満目蕭然(まんもくしょうぜん)

【対義語】
・閑花素琴(かんかそきん)
・春和景明(しゅんわけいめい)
・春日遅遅(しゅんじつちち)
・郁郁青青(いくいくせいせい)

【英語訳】
・Nothing is mountains and withered trees
・Nature’s harsh winter scenery

【スポンサーリンク】

寒山枯木(かんざんこぼく)の使い方

健太
冬の休暇はスキーかな。ともこちゃんはどこか行くのかい?
ともこ
スキーかスノーボードを楽しみたいわ。
健太
確か、去年はおじいさんの別荘に行ったんだよね。
ともこ
ええ、でも今年は行かないわ。祖父の別荘の周りには寒山枯木があるだけで、何もないのよ。去年は退屈しちゃったから、今年はもっと賑やかな所に行きたいわ。

寒山枯木(かんざんこぼく)の例文

  1. 寒山枯木とした風景の中で、冷えきった体をどうやって暖めるか。そればかりを考えていた。
  2. 春は緑にあふれ、鳥の声と花の香りに満ち満ちるこの山だが、冬は寒山枯木になり険しい表情を見せる。
  3. 育毛治療を始めた。その過程を記録した日記のタイトルは「寒山枯木」だ。
  4. 寒山枯木とは言うが、私にとっては懐かしい故郷の景色なのだ。
  5. 寒山枯木の雪の上にはウサギの足跡が点々と続いていた。
<東海道五十三次/岡本かの子>より
屋根附きの中風薬の金看板なぞ見える小さな町だが、今までの寒山枯木に対して、血の通う人間に逢(あ)う歓びは覚える。

まとめ

雪であたり一面が白く、木々は枯れはて、そこに立ちつくすのみ。
そんな山の風景をあらわした四字熟語である。
気温が下がり、植物が枯れた山では、生命の痕跡を探すのも難しい。
生きているものは雪が融けるまで眠り、春の訪れを待っている。
そう、冬山は命をつなぐ白いゆりかごのようなものなのだ。
そう考えると、寒山枯木も寂しくは見えなくなってくる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事