按甲休兵【あんこうきゅうへい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
按甲休兵

【読み方】
あんこうきゅうへい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
武装を解いて、戦いや争いをやめること。「按甲」は甲冑を外すこと。「休兵」は兵を休ませること。「甲を按じて兵を休む」とも読む。

【語源・由来】
「史記」淮陰侯列伝より。

【類義語】
・按甲寝兵(あんこうしんぺい)

【スポンサーリンク】

按甲休兵(あんこうきゅうへい)の使い方

健太
ともこちゃん。試験期間中なのに、こんなところで買い物?
ともこ
ええ。按甲休兵しているの。気分転換することで、効率よく勉強することが出来るから。ところで健太くんは何をしているの?
健太
僕も按甲休兵だよ。
ともこ
健太くんはいつも按甲休兵じゃないの。

按甲休兵(あんこうきゅうへい)の例文

  1. 今日だけは按甲休兵して、手を組みましょう。
  2. 受験生だけど、たまには按甲休兵してネズミーランドに行きたいなあ。
  3. お互いにともこちゃんが好きでライバル同士だけど、今は按甲休兵して、ともこちゃんが誕生日に何がほしいか一緒に探ろうとしています。
  4. 按甲休兵しようと思ったら、張っていた気も抜けたようで風邪をひいてしまいました。
  5. 化粧は武装だという姉さんは、休みの日は按甲休兵して化粧はしません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事