粉白黛墨【ふんぱくたいぼく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
粉白黛墨

【読み方】
ふんぱくたいぼく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
美人のこと。

【語源・由来】
『戦国策』「楚策」に「粉白墨黒」とあるのにもとづく。「粉白」はおしろい、「黛墨」は眉ずみのこと。おしろいをつけて顔を白くし、眉ずみをつけて黒く整った眉にすることから、美人をいう。

【類義語】
・粉白黛黒(ふんぱくたいこく)
・粉白黛緑(ふんぱくたいりょく)
・曲眉豊頬(きょくびほうきょう)
・容姿端麗(ようしたんれい)


粉白黛墨(ふんぱくたいぼく)の使い方

健太
楊貴妃って国を滅亡させるくらい粉白黛墨だったんだよね。
ともこ
そうらしいわね。
健太
ともこちゃんが総理大臣の奥さんになったら安心だね。総理がともこちゃんのせいで恋に狂うことはないんだから。
ともこ
どういう意味かしら?

粉白黛墨(ふんぱくたいぼく)の例文

  1. ともこちゃんは粉白黛墨なので、よく告白されているのを見かけます。
  2. 秋田は粉白黛墨な人が多いと有名です。
  3. 粉白黛墨なともこちゃんは、芸能界に入るために原宿を歩き回ってスカウト待ちをしています。
  4. あのアイドルは粉白黛墨なので、多くのファンに愛されています。
  5. ともこちゃんのお母さんは粉白黛墨なのに、ともこちゃんはおばあちゃんに似たようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事