安常処順【あんじょうしょじゅん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
安常処順

【読み方】
あんじょうしょじゅん

【意味】
何の心配事もない、平和で穏やかな生活に満足して暮らすこと。また、平穏な生活に慣れ、順調な境遇にいること。

【由来】
常に安んじて順に処ると書き下す。『荘子』養生主による。「時に安んじて順に処れば哀楽入る能わざるなり」

【類義語】
・安居楽業(あんきょらくぎょう)
・安閑恬静(あんかんてんせい)

【対義語】

【英語訳】
being satisfied with the life that the way it is.
be in a good circumstance

英語例文
彼は苦労せずに今の地位を得て、安常処順である。
He never had effort to be in his position and is satisfied with his life.

安常処順(あんじょうしょじゅん)の使い方

ともこ
健太くんのママってもうすぐ誕生日じゃなかった?何かプレゼントとか用意したの?
健太
うーん、考えてるんだけどね。何がいいのかわからなくてさ。欲しいものあるか聞いても特にないって言うしね。
ともこ
なんだろうね。だけどママって何か欲しいものあるって聞いてもだいたいないって言うのよねー
健太
ともこちゃんとこも?やっぱりそうなんだ。なんか欲がないって言うかね、ああ言うのを安常処順って言うのかなぁ

安常処順(あんじょうしょじゅん)の例文

  1. 私の両親は老後は安常処順な暮らしがしたいと、私が子供の頃からずっと言っていた。そんな暮らしができるよう私もできるだけ努力はしてあげたい。
  2. 私の父は出世もしなかったが、それに対して全く愚痴を言うわけでもなかった。家族思いのいい父だった。安常処順な人とは彼のことを言うのだろう。
  3. 安常処順な暮らしがあたかもいいことのように言われているが、私から言えばただ向上心がないだけのように思われる。
  4. 彼は本当は野望や夢があるのだ、ただそれを実現させるだけの実力や行動力がないから自分のことを安常処順と言い訳をしているだけだと思う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事