赤口毒舌【せきこうどくぜつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
赤口毒舌

【読み方】
せきこうどくぜつ

【意味】
ひどく非難して、他者を傷つける言葉のこと。

【語源・由来】
「赤口」は、他者を傷つける悪口などを言う人の口。「毒舌」は、極めて辛辣な皮肉や批判のことば。毒言。

【典拠・出典】
月蝕」盧仝


赤口毒舌(せきこうどくぜつ)の使い方

ともこ
健太くん。赤口毒舌をSNSに書き込んだでしょう。
健太
何で知っているの?
ともこ
書き込んだのが健太くんだと特定されて、健太くんのSNSが大炎上しているわよ。
健太
やめておけばよかったー。

赤口毒舌(せきこうどくぜつ)の例文

  1. 赤口毒舌を放つと、結局自分に返ってくるものです。
  2. インターネット上には、赤口毒舌があふれています。
  3. 勘違いした正義を振りかざした健太くんは、店員に赤口毒舌を浴びせかけました。
  4. 羨望嫉妬から、健太くんは赤口毒舌ばかり吐く。
  5. ともこちゃんが赤口毒舌を言っているところを見たことがありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索