美意延年【びいえんねん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
美意延年

【読み方】
びいえんねん

「美意、年を延ばす」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
なんの心配事もなく気分が楽しければ、長生きできるということ。

【語源・由来】
『荀子』「致士」より。「美」は楽しむ、「意」は心のことで、「延年」は長生きすること。


美意延年(びいえんねん)の使い方

健太
将来、不治の病になったらどうしよう。
ともこ
美意延年っていうじゃないの。心配していたら本当に病気になってしまうわよ。ケセラセラの精神で気楽に生きましょうよ。
健太
病は気からっていうもんね。
ともこ
そうよ。前向きに生きましょう。

美意延年(びいえんねん)の例文

  1. お気楽な性格だったおばあちゃんは、美意延年の言葉通り100歳まで病気知らずで長生きしました。
  2. 長生きしたいならサプリに頼るんじゃなくて、美意延年、悩まないことだね。
  3. くよくよ考えることをやめたら美意延年というように、頭も体もすっきりしました。
  4. 健康であるためには美意延年、まずは心を健康にしなくてはいけません。
  5. 笑う門には福来る、美意延年ともいうけれども、楽しく笑って過ごすことが長生きの秘訣なんだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事