呉牛喘月【ごぎゅうぜんげつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
呉牛喘月

【読み方】
ごぎゅうぜんげつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
過度におびえることのたとえ。
また、疑いの心があると、なんでもないことにも恐れたり、疑ったりしてしまうことのたとえ。

【語源・由来】
「呉」とは、中国南方の呉という地方のこと。
「牛」とは、ここでは水牛のこと。
「喘」とは、息が切れて呼吸が苦しそうなこと。

暑い呉の地方の牛は、月を見ても暑い太陽だと思い喘ぐということから。
「世説新語(せせつしんご)」言語(げんご)より出典。

「呉牛、月に喘ぐ」と訓読して用いる。

【類義語】
・疑心暗鬼(ぎしんあんき)
・杞人天憂(きじんてんゆう)
・蜀犬吠日(しょっけんはいじつ)
・懲羹吹膾(ちょうこうすいかい)
・吠日之怪(はいじつのあやしみ)

【スポンサーリンク】

呉牛喘月(ごぎゅうぜんげつ)の使い方

健太
なんだ、ともこちゃんじゃないか。おどろいたじゃないか。
ともこ
ずっとここにいたけれど、健太くんが気づかなかっただけじゃない。
健太
いや、嘘をついちゃいけないy。さっきまでここには誰もいなかったよ。
ともこ
なんだか呉牛喘月のようだけど、なにかあったの?

呉牛喘月(ごぎゅうぜんげつ)の例文

  1. 彼は秘密を隠すために、呉牛喘月となっている。
  2. 彼女はいったいどうしてあれほど、呉牛喘月になってしまっているんだい。
  3. やましい気持ちがあるから、呉牛喘月になってしまうんだよ。
  4. いつからだろう。どこにいても呉牛喘月になってしまって、ゆっくり休むことができなくなってしまった。
  5. 呉牛喘月となってしまっては、何を言っても伝わらないじゃないか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事