忘我混沌【ぼうがこんとん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
忘我混沌

【読み方】
ぼうがこんとん

【意味】
我を忘れ、物事の分別がつかないこと。

「忘我」は、我を忘れること。うっとりすること。夢中になること。「混沌」は、物事の区別が明らかでないようす。

【類義語】
・玩物喪志(がんぶつそうし)
・恍然自失(こうぜんじしつ)
・無我夢中(むがむちゅう)


忘我混沌(ぼうがこんとん)の使い方

健太
アイドルのコンサートに行く人たちって、コンサート中は忘我混沌の歓喜に浸っているよね。
ともこ
憧れの人が目の前にいるんだからしょうがないわよね。
健太
アイドルにはまる理由がよく分からないよ。
ともこ
好きなタイプのアイドルを見るとドーパミンという物質が出て、心地よくなるんですって。、

忘我混沌(ぼうがこんとん)の例文

  1. 健太くんの忘我混沌の有様に呆れてものもいえない。
  2. ともこちゃんは、忘我混沌といった様子で冷静さを欠いている。
  3. 浮かれている健太くんは、まさに忘我混沌という感じだ。
  4. 忘我混沌の有様である健太くんに喝を入れました。
  5. 普段冷静なともこちゃんが、忘我混沌の歓喜に浸る姿は貴重だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事