飽衣美食【ほういびしょく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語)

【四字熟語】
飽衣美食

【読み方】
ほういびしょく

【意味】
良い着物を着て、うまいものを食べること。満ち足りた生活。またはぜいたくな暮らしをする事。

「飽衣」は、良い着物を好きなだけ着ること。「美食」は、うまいものを食べること。

【類義語】
・暖衣飽食(だんいほうしょく)
・飽食暖衣(ほうしょくだんい)

【対義語】
・悪衣悪食(あくいあくしょく)
・粗衣粗食(そいそしょく)


飽衣美食(ほういびしょく)の使い方

ともこ
昨日、サミットが行われて、飽衣美食でもてなしたらしいわよ。
健太
へえ。各国のトップをもてなすんだから、さぞかし豪華だったんだろうね。
ともこ
日本中の高級食材が集められたって話よ。
健太
聞いただけで涎が出てくるよー。

飽衣美食(ほういびしょく)の例文

  1. 飽衣美食を楽しんでいたバブルの頃が懐かしい。
  2. 隣の家の犬は、私よりも飽衣美食な生活をしています。
  3. 健太くんは飽衣美食に育ったので、予約する店が普通だと思っています。
  4. 財閥の御令嬢であるともこちゃんは、飽衣美食が当たり前のように感じています。
  5. 戦争中に比べれば、国民のほとんどが飽衣美食の生活ができている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事