偶像崇拝【ぐうぞうすうはい】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
偶像崇拝

【読み方】
ぐうぞうすうはい

【意味】
偶像を信仰の対象として重んじ尊ぶこと。神仏を具象するものとして作られた像などを、信仰の対象としてあがめ尊ぶこと。また、あるものを絶対的な権威として無批判に尊ぶこと。

「偶像」は神仏などにかたどり、信仰の対象として作られた像。崇拝や盲信の対象となるもののこと。

偶像崇拝(ぐうぞうすうはい)の使い方

ともこ
健太くん。あのアイドルグループにはまってるって本当?
健太
そうなんだ。昨日発売されたアルバムを30枚も買ってしまったよ。
ともこ
アイドルを愛するなんて偶像崇拝よ。
健太
愚かな偶像崇拝ってわかっててはまってるからいいんだよー。

偶像崇拝(ぐうぞうすうはい)の例文

  1. 教祖である健太くんは、偶像崇拝を避けるために偶像化を許可していない。
  2. 聖像は、偶像崇拝だと批判する声があることを健太くんは知っている。
  3. 偶像崇拝を禁止しているので、神様を絵画に書くことも禁止された。
  4. 神様は、偶像崇拝を禁じておられる。
  5. 偶像崇拝をしてもいいけど、そこに神様はいないよ?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事