文武一途【ぶんぶいっと】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
文武一途

【読み方】
ぶんぶいっと

日本漢字能力検定
4級

【意味】
文官と武官の区別がないこと。

【語源・由来】
「文武」は文の道と武の道のこと。「一途」は同じ道のこと。


文武一途(ぶんぶいっと)の使い方

ともこ
この学校は進学校なのに、なんで30kmもマラソンを走らせるのかしら?
健太
文武一途であるべきだって校長先生が考えているんだってさ。
ともこ
だからって30kmはないわよね。
健太
30kmをどう走るか、マラソンにどういう意義を見出すか、そういった知性を試されているんだと思うよ。

文武一途(ぶんぶいっと)の例文

  1. 勉強は大切だけれども、部屋にこもって勉強ばかりしていてはだめ、文武一途を目指しましょう。
  2. 運動が苦手なのに、文武一途を地でいく学校に入ってしまいました。
  3. 人の上に立つものは文武一途でなくてはいけないのに、最近の官僚は頭脳ばかり際立っていて頼りないです。
  4. 文武一途であることで、心身は統治され、頭がいい人が犯罪に走ることはなくなります。
  5. 頭がいいだけじゃだめだ、文武一途は大切だということを知ったともこちゃんは、健太くんと同じ空手を習い始めました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事