CATEGORY 「ずる賢い」の四字熟語一覧

「ずる賢い」の四字熟語一覧

佞悪醜穢【ねいあくしゅうわい】の意味と使い方や例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 佞悪醜穢 【読み方】 ねいあくしゅうわい 【意味】 心が曲がって性質が悪く、醜く汚らわしいこと。 【語源・由来】 「佞悪」は、心が曲がっていること。「醜穢」は、醜く汚らわしいこと。「穢」は、けがれる。 【典…

「したたか」の四字熟語一覧

蜂準長目【ほうせつちょうもく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 蜂準長目 【読み方】 ほうせつちょうもく 【意味】 賢くて抜け目のない人相のこと。 【語源・由来】 「準」は鼻すじ・鼻ばしらのことで、蜂のように高い鼻と細長い目のこと。 【典拠・出典】 『史記』「秦始皇紀」…

「したたか」の四字熟語一覧

飽経風霜【ほうけいふうそう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 飽経風霜 【読み方】 ほうけいふうそう 【意味】 世の中の辛酸をなめ尽くし、世渡りもうまいが、したたかで悪賢いこと。 【語源・由来】 「飽経」は飽きるほど経験する意。「風霜」は厳しいもの、困難や苦労のたとえ…

「こ」で始まる四字熟語

狡兎三窟【こうとさんくつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 狡兎三窟 【読み方】 こうとさんくつ 【意味】 身を守るのに用心深いこと。また、困難をさけるのにたくみであること。 【語源・由来】 「狡」はずるい、わるがしこいという意味。「窟」は穴のこと。狡いうさぎは三つ…

「ずる賢い」の四字熟語一覧

長頸烏喙【ちょうけいうかい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 長頸烏喙 【読み方】 ちょうけいうかい 【意味】 首が長く口がとがっていること。 【語源・由来】 「烏」はカラス。このような人相をした人物はカラスのように強欲・陰険で、苦労を共にすることはできても安楽を共に…

「し」で始まる四字熟語

人面獣心【じんめんじゅうしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・対義語)

【四字熟語】 人面獣心 【読み方】 じんめんじゅうしん 【意味】 冷酷で、恩義や人情をわきまえず、恥を知らない人のこと。 人の顔をしていながら、心は獣のような人間ということから、破廉恥で無慈悲、残虐な人間に対して用いる。…

「お」で始まる四字熟語

枉法徇私【おうほうじゅんし】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 枉法徇私 【読み方】 おうほうじゅんし 【意味】 法を悪用して、私利私欲にはしること。 自分の利益のために法を変えること。 また、正しいきまりを曲げて、わがまま勝手に振る舞うこと。 【語源・由来】 「法を枉…

「う」で始まる四字熟語

海千山千【うみせんやません】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 海千山千 【読み方】 うみせんやません 【意味】 経験豊かで、悪賢いこと。裏も表も知り抜いた、したたかでずるがしこい人をさしていう。 世間の裏も表も知りつくしていること。 【語源・由来】 「海に千年、山に千…

「か」で始まる四字熟語

我田引水【がでんいんすい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 我田引水 【読み方】 がでんいんすい 【意味】 他人の思惑(おもわく)、不自由も顧みず、自分に都合がいいように言ったり、ものごとを行うこと。自分に好都合なようにとりはかう計略。物事や他人の言動を自分の利益に…