狡兎三窟【こうとさんくつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
狡兎三窟

【読み方】
こうとさんくつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
身を守るのに用心深いこと。また、困難をさけるのにたくみであること。

【語源・由来】
『戦国策』「斉策」より。「狡」はずるい、わるがしこいという意味。「窟」は穴のこと。狡いうさぎは三つの穴を持っていて危険から身を守るということ。

【類義語】
・狡兎三穴(こうとさんけつ)

【スポンサーリンク】

狡兎三窟(こうとさんくつ)の使い方

ともこ
健太くんのお父さんは、怪盗21面相を逮捕するために日々頑張っているのよね。
健太
そうなんだ。でも、怪盗21面相は狡兎三窟だから、なかなか捕まえることができないんだ。
ともこ
怪盗21面相は人を殺さないし、傷つけない。しかも奪った金品は貧しい人たちに配っているんだから、捕まえる必要は感じないんだけどね。
健太
どんな理由があっても泥棒は犯罪者だよ!

狡兎三窟(こうとさんくつ)の例文

  1. 健太くんは、狡兎三窟なのでなかなか尻尾を捕まえることができませんでした。
  2. ともこちゃんは、狡兎三窟、いつも用意周到な策をめぐらせてきます。
  3. 健太くんは、狡兎三窟だから、これがだめでも二の手三の手を考えていますよ。
  4. ともこちゃんは、狡兎三窟、一筋縄ではいきません。
  5. 健太くんは、狡兎三窟なので、常にいざという時の備えをしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事