直言極諫【ちょくげんきょっかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
直言極諫

【読み方】
ちょくげんきょっかん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
思ったことをはっきり言って強くいさめること。

【語源・由来】
『漢書』「文帝紀」より。「直言」は思ったことを状況を気にせずに言うこと。「極諫」は強くいさめていう、また強いいさめ。

【類義語】
・直言骨鯁(ちょくげんこっこう)
・直言無諱(ちょくげんむき)


直言極諫(ちょくげんきょっかん)の使い方

ともこ
健太くん。健太くんの彼女は間違えているわよ。直言極諫したほうがいいわよ。
健太
僕には直言極諫なんてそんなことできないよ。
ともこ
あんまり彼女を甘やかしていると、後でひどい目に合うわよ。
健太
彼女のためならひどい目にあってもいいんだよ。

直言極諫(ちょくげんきょっかん)の例文

  1. ともこちゃんに対して直言極諫できる人なんてこの世にいないでしょう。
  2. これからの長い付き合いを考えると、心の赴くままに直言極諫することはできませんでした。
  3. 寝たふりをして優先座席を譲らない若者に直言極諫しました。
  4. 他人の子供に対して愛情ある直言極諫をしてくれる大人が減ってしまいました。
  5. 直言極諫しておけばよかったと後悔しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事