天佑神助【てんゆうしんじょ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
天佑神助

「天祐神助」とも書く。

【読み方】
てんゆうしんじょ

【意味】
天や神の助けのこと。または、予測していないような出来事に運良く助けられること。「天佑」は天の助けのこと。「神助」は神の助けのこと。どちらも、人の力の及ばないものからの加護という意味。似ている意味の言葉を重ねて強調した言葉。

【類義語】
・神佑天助(しんゆうてんじょ)


天佑神助(てんゆうしんじょ)の使い方

健太
昨日、学校の裏山で山火事が起こったんだ!
ともこ
ええっ。知らなかったわ。山火事はどうなったの?
健太
天佑神助、なんと、ちょうどゲリラ豪雨が降って、消防隊員でも手に負えなかった山火事が消えたんだ。
ともこ
そういえば、昨日の雨はすごかったわよね。あの雨のおかげで山火事が消えたのね。よかったわね。

天佑神助(てんゆうしんじょ)の例文

  1. 受験で全力を尽くしたので、後はもう天佑神助を待つばかりです。
  2. 必勝の信念を堅持しているのだから、天佑神助必ずわれにあり。
  3. 健太くんは、天佑神助をたのまず、あくまで自力本願でいく。
  4. 天佑神助のおかげで追い風が吹き、勝つことができました。
  5. 右を選んだおかげで命拾いしたのは天佑神助のおかげだ、左を選んでいたら、今頃生きていなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事