朝成暮毀【ちょうせいぼき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
朝成暮毀

【読み方】
ちょうせいぼき

「朝に成り暮れに毀つ」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
建物の造営が盛んなことのたとえ。

【語源・由来】
『宋書』「少帝紀」より。朝に完成して夕べには壊すという意味。「毀」はこぼつ、こわすという意味。


朝成暮毀(ちょうせいぼき)の使い方

ともこ
オリンピックが近づいてくるほどに、街中が朝成暮毀といった様子よね。
健太
どんどん新しい建物が建っているよね。
ともこ
建築業界は人手も資材も足りないらしいわね。
健太
これから人口が減っていくというのに、こんなに建ててどうするんだろうね。

朝成暮毀(ちょうせいぼき)の例文

  1. 新しい路線が乗り入れることが決まり、朝成暮毀、マンションの建設ラッシュです。
  2. この町は都会のベッドタウンとして人気が高まり、あちこちで朝成暮毀、家が建てられています。
  3. 先日の大火事のせいで多くの家が焼け、今、江戸では朝成暮毀で、大工が一番忙しそうです。
  4. この辺りはほんの十年前まではだだっ広い野原だったのに、今では朝成暮毀というように、開発は止まりそうにありません。
  5. 大学が移転してきてから、まさに朝成暮毀、学生用のアパートや店がどんどん建てられています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事