朝穿暮塞【ちょうせんぼそく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
朝穿暮塞

【読み方】
ちょうせんぼそく

「朝に穿ち暮れに塞ぐ」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
建築・造営が頻繁であることのたとえ。

【語源・由来】
『南斉書』「東昏侯紀」より。朝あなをあけたと思えば、その日の夕方にはもうふさぐこと。


朝穿暮塞(ちょうせんぼそく)の使い方

健太
駅前の再開発が始まって朝穿暮塞といった感じだね。
ともこ
そうね。駅ビルやマンションがどんどん建設されているわよね。
健太
にぎやかな街になりそうで楽しみだよね。
ともこ
おいしいレストランが駅ビルに入るといいなあ。

朝穿暮塞(ちょうせんぼそく)の例文

  1. マンションへの投資が過熱して、朝穿暮塞、マンションの建設ラッシュです。
  2. オリンピックに向けて朝穿暮塞といった感じだけれども、不動産バブルの崩壊は近い。
  3. 朝穿暮塞のおかげで資材が高騰し、我が家の建設も当初の試算より二割増しになってしまいました。
  4. 大きな商業施設ができてから、そこを中心として朝穿暮塞というように、新しい建物の建設が止まるところを知りません。
  5. 朝穿暮塞というように、新しい市長の方針で、この町では市民のための公共施設が次々に建てられています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事