天下第一【てんかだいいち】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
天下第一

【読み方】
てんかだいいち

【意味】
全世界、または全国に並ぶものがないほど、優れていること。

「天下」は、全世界。また、全国。「第一」は、最高。

【類義語】
・海内無双(かいだいむそう)
・国士無双(こくしむそう)
・天下一品(てんかいっぴん)
・天下無双(てんかむそう)
・天下無敵(てんかむてき)
・天下無類(てんかむるい)
・当代第一(とうだいだいいち)
・当代無双(とうだいむそう)


天下第一(てんかだいいち)の使い方

健太
オリンピックが始まって天下第一を目指して、世界中の選手が競い合っているね。
ともこ
オリンピックに出場するからには天下第一になりたいわよね。
健太
僕も天下第一になりたいな。
ともこ
寝るまでの時間の天下第一?それとも、0点を取った回数の天下第一

天下第一(てんかだいいち)の例文

  1. ほぼ日本人しかいない剣道は、日本で一番になれば天下第一になることができる。
  2. ともこちゃんは天下第一の卓球の名人だ。
  3. 天下第一のピアニストになるために、寝る間を惜しんで練習をしています。
  4. 健太くんは、天下第一のYouTuberになりたい。
  5. ともこちゃんの夢は、天下第一のパティシエで、ケーキで世界中の人を幸せにしたい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事