一顧傾城【いっこけいせい】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】
一顧傾城

【読み方】
いっこけいせい

【意味】
絶世の美人のたとえ。美女がひとたび振り返れば君主が惑わされて国を傾ける意「城」はいわゆる城とも町や国の意とも解釈できる。わが国では、「傾城」の意が転じて、遊女の意にも用いる。「一顧、城を傾く」。

【典拠・出典】
漢書』外戚

【類義語】
・一顧傾国(いっこけいこく)
傾国美女(けいこくのびじょ)
傾城傾国(けいせいけいこく)


一顧傾城(いっこけいせい)の使い方

健太
ともこちゃん。今の人、見た?一顧傾城の美女だったよ。
ともこ
へえ。そんなにきれいだった?
健太
・・・いや。そうでもないかも。僕の隣にいつも一顧傾城の美女がいたんだった。
ともこ
今さら言われてもうれしくないわよ。

一顧傾城(いっこけいせい)の例文

  1. 一顧傾城、美女の基準は時代によって変わるけれども、あの人の美しさは絶対的なものでしょう。
  2. 一顧傾城、一番有名なのは、やっぱり楊貴妃ですかね。
  3. 一顧傾城、ともこちゃんは伝説に残りそうなくらい美しい。
  4. 一顧傾城、絵に描くことが出来ないくらいに美しい。
  5. 一顧傾城、彼女が歩くと、花が恥ずかしがってつぼみになってしまう位に美しい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索