断編残簡【だんぺんざんかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
断編残簡

「断簡残編(だんかんざんぺん)」ともいう。

【読み方】
だんぺんざんかん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
書物の残欠して完全でないもの。

【語源・由来】
『宗史』「欧陽脩伝」より。「断編」は切れてばらばらになった書物。時代を経るにしたがってなくなったり乱れたりした残りのもの。「簡」は紙のなかった昔は気の札に書きつけたことから、書きもの、書物という意味。

【類義語】
・断簡零墨(だんかんれいぼく)


断編残簡(だんぺんざんかん)の使い方

ともこ
このメモはきっとダイイングメッセージよね。
健太
そうだね。でも犯人が紙をちぎっていったようで断編残簡しか残っていないよね。
ともこ
ここからでも何か読み取ることができるかもしれないわよ。
健太
あきらめずに被害者の無念を晴らしてあげないといけないよね。

断編残簡(だんぺんざんかん)の例文

  1. 戦争中に多くの書物が焼け、断編残簡のみ伝わっています。
  2. 夏目漱石が生前書いたと思われる断編残簡が発見されました。
  3. 発掘現場から発見された断編残簡には、見たこともない文字で書かれていて、判読不可能でした。
  4. 有名人がホテルの部屋に捨てた断編残簡がオークションで高値で落札されたりしています。
  5. 断編残簡でしたが、史実を覆すようなことが書いてありました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事