断薺画粥【だんせいかくしゅく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
断薺画粥

【読み方】
だんせいかくしゅく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
貧乏に耐えて勉学に励むこと。

【語源・由来】
「薺」はなずな(ぺんぺん草)のことで、「断薺」はなずなをきざむこと。「画」はたてよこに線を引いて四つに区切るという意味で、「画粥」は固くなった粥を四つに切ること。中国北宋の范中淹は若いころ貧乏で、なずなをきざんでおかずとし、冷めて固くなった粥を四つに切って、朝晩二つずつ食べるという生活をしながら、勉学に励んだという故事から。

【類義語】
・蛍雪之功(けいせつのこう)
・蛍窓雪案(けいそうせつあん)
・車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい)
・苦学力行(くがくりっこう)


断薺画粥(だんせいかくしゅく)の使い方

ともこ
健太くんのおじいちゃんはすごいわよね。地域の優良企業の社長として紹介されていたのを見たわよ。
健太
おじいちゃんは断薺画粥の日々を経験しているから、我慢強いし勉強熱心だし、とにかくすごいんだよ。
ともこ
孫の健太くんは誰に似たんでしょうね。
健太
おじいちゃんの爪の垢を煎じて飲んでみようかな。

断薺画粥(だんせいかくしゅく)の例文

  1. あの断薺画粥の日々のおかげで、今の成功があります。
  2. 断薺画粥の毎日の末につかんだ栄光は、とても素晴らしいものでした。
  3. 一人でも多くの人を救える医師になるために、断薺画粥の日々に耐え抜きました。
  4. 貧しさに負けずに断薺画粥の日々を送り、現在の地位と名誉を手に入れました。
  5. 断薺画粥の日々を懐かしく思えるくらいには成功しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事