読書百遍【どくしょひゃっぺん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
読書百遍

【読み方】
どくしょひゃっぺん

【意味】
難解な文章でもくり返し読めば、自然に意味がわかってくること。

【語源・由来】
「百遍(ひゃっぺん)」とは、回数が多いこと。

「読書百遍義(ぎ)自(おのずか)ら見(あらわ)る」あるいは、「読書百遍意(い)自ら通ず」の略。

中国三国時代に、魏(ぎ)の董遇(とうぐう)が、弟子に何度も読書することの必要性を説いた語のこと。

「魏志(ぎし)」王粛伝(おうしゅくでん)の裴注(はいちゅう)に引く「魏略(ぎりゃく)」より出典。

【類義語】
・葦編三絶(いへんさんぜつ)

【英語訳】
Repeated reading.
Reading something again and again.
Repeated reading (makes the meaning clear).
Reading something again and again (will lead one to realize its meaning).

【スポンサーリンク】

読書百遍(どくしょひゃっぺん)の使い方

健太
こんなにむずかしい本を読んでも、内容がちっとも理解できないよ。
ともこ
健太くん、読書百遍というように、何度もくり返して読むことが大切よ。
健太
何度も読むなんて、嫌だよ。
ともこ
くり返すことで理解を深めたり、技術を身に付けることができるのよ。

読書百遍(どくしょひゃっぺん)の例文

  1. 読書百遍というように、何度も読むことで少しずつ意味を理解することができるだろう。
  2. 読書百遍を心がけることで、より理解を深めることができる。
  3. 先生に勉強のコツを聞くと、読書百遍だと教えてくれた。
  4. 根気よく続けることの中には、読書百遍ということも含まれるのだろうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事