弾丸黒痣【だんがんこくし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
弾丸黒痣

「弾丸黒子」とも書く。

【読み方】
だんがんこくし

日本漢字能力検定
1級

【意味】
きわめて狭い土地のたとえ。

【語源・由来】
「弾丸」は小鳥をとるはじき玉。「黒痣」はほくろのこと。

【類義語】
・弾丸之地(だんがんのち)
・黒子之地(こくしのち)
・尺寸之地(せきすんのち)


弾丸黒痣(だんがんこくし)の使い方

健太
ここにある弾丸黒痣を相続したんだけど、こんなに狭い土地をどう活用すればいいのかな。
ともこ
ここは日当たりがいいし、畑にしたらいいんじゃないかな。
健太
なるほど、確かに野菜をたくさん作って食べれば体にいいし、余ったら売ればいいし最高だね。
ともこ
健康生活まっしぐらね。

弾丸黒痣(だんがんこくし)の例文

  1. 弾丸黒痣の土地でも、形が変わっている土地でも私なら広く感じる家を建てることができます。
  2. 私が所有する土地は弾丸黒痣だけれども、駅前なので駐車場にして儲けています。
  3. この土地は、いわゆる猫の額ほどの土地、弾丸黒痣です。
  4. 弾丸黒痣といった土地だけど、多数の路線が乗り入れている駅が近いので便利です。
  5. 弾丸黒痣の土地でしたが、売って息子の学費に充てるには十分でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事