街談巷説【がいだんこうせつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
街談巷説

【読み方】
がいだんこうせつ

【意味】
世間のつまらない噂。
風説。
世間話。
世間で流れている何の根拠もない噂のこと。
街の噂話を、面白おかしく語ること。

【由来】
「街談」と「巷説」はどちらも町中で出回っている噂話や世間話のことで、同じ意味の言葉を重ねて強調した言葉です。

【類義語】
街談講義(がいだんこうぎ)
街談巷語(がいだんこうご)
道聴塗説(どうちょうとせつ)
流言蜚語(りゅうげんひご)

【対義語】

【英語訳】
street gossips and idle rumors

【スポンサーリンク】

街談巷説(がいだんこうせつ)の使い方

ともこ
ねえ、聞いた?学校のトイレを一人で使うと、花子さんが出るんだって!
健太
本当?都市伝説でしょ。それを街談巷説というんだよ。
ともこ
でもね、三人くらいからその話を聞いたから結構本当かもよ。怖いよ。
健太
僕は信じないよ。絶対に都市伝説だよ。

街談巷説(がいだんこうせつ)の例文

  1. 変な街談巷説が流れいるが、そんなのに惑わされてはいけない。
  2. 街談巷説に惑わされるな。信用できない話は結構多いんだ。
  3. 街談巷説を信じてはいけない。自分の目で見て、確信をもてる話だけを信じるんだよ。
  4. うちの会社が倒産するって?誰がそんな街談巷説を流したのか。追求すべきだ。
  5. そんな信じられない話があるものか。あり得ない。その街談巷説は都市伝説だ。

まとめ

街談巷説(がいだんこうせつ)は「世間のつまらない噂、風説、世間話、世間で流れている何の根拠もない噂のこと」です。
「街談」と「巷説」はどちらも町中で出回っている噂話や世間話のことで、同じ意味の言葉を重ねて強調した言葉となります。
類義語としましては、街談講義(がいだんこうぎ)、街談巷語(がいだんこうご)、道聴塗説(どうちょうとせつ)、流言蜚語(りゅうげんひご)などがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事