道聴塗説【どうちょうとせつ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
道聴塗説

【読み方】
どうちょうとせつ

【意味】
知識などの理解がいい加減で、しっかり自分のものになっていないこと。
また、根拠のない伝聞のこと。受け売り。

【語源・由来】
「塗」「道」とは、道路のこと。
道でたまたま聞いて知ったことを、すぐにまた道で人に得意そうに話し伝えることから。

「道(みち)に聴(き)きて塗(みち)に説(と)く」と訓読する。
「論語(ろんご)」陽貨より出典。

【類義語】
・街談巷説(がいだんこうせつ)
・口耳巷説(こうじこうせつ)
・口耳四寸(こうじしすん)
・口耳之学(こうじのがく)

【英語訳】
shallow-minded mouthing of secondhand information.

【スポンサーリンク】

道聴塗説(どうちょうとせつ)の使い方

健太
ねえねえ、ともこちゃん。来年から雨の日は学校が休みになるらしいよ。
ともこ
まあ、そんな話をどこで聞いてきたの?
健太
わからないけど、話しているのを聞いたんだよ。宿題もなくなるらしいって。
ともこ
そんな道聴塗説を信じるはずないでしょう。事実かどうかということは、人に話す前にきちんと確認しなきゃいけないわ。

道聴塗説(どうちょうとせつ)の例文

  1. 道聴塗説に惑わされないように、きちんと確認することが大切だよ。
  2. 何事もすぐに身につくわけじゃないだろう。道聴塗説とならないように、日々勉強は必要なことだ。
  3. さっき耳に挟んだことを、すぐに人に話すなんて、道聴塗説をしてはいけないよ。
  4. 彼女の話はいつも道聴塗説で、信じる気にはなれない。
  5. うそをついているつもりはないのだろうけど、彼の話は道聴塗説だから鵜呑みにしてはいけない。

まとめ

道聴塗説というように、知識などの理解がいい加減なことを、人に話しては誤解を招いてしまうことがあるかもしれません。
また、根拠のないことを言いふらしてはいけませんね。
発言にしっかり責任を持って、いいかげんなことは言わないように心がけたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事