居安思危【きょあんしき】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】
居安思危

「安きに居りて危うきを思う」と訓読する。

【読み方】
きょあんしき

【意味】
平安無事のときにも、危難に備え、用心を怠らないこと。

【典拠・出典】
春秋左氏伝』「襄公一一年」

【類義語】
安居危思(あんきょきし)


居安思危(きょあんしき)の使い方

ともこ
健太くん。今日は防災訓練の日よ。
健太
あー、また校長先生の長い話を聞かないといけないのか。災害なんて起こらないじゃないか。防災訓練なんていらないのに。
ともこ
居安思危って言うでしょ。災害はいつやってくるか、NASAの天才でも予想できないのよ。
健太
ちゃんと真剣に訓練をするよー。

居安思危(きょあんしき)の例文

  1. 災害大国日本では、居安思危の精神が大事だ。。
  2. 居安思危と考える人多いようで、核シェルターが売れているそうだ。
  3. 健太くんは、居安思危の精神で、内部留保を豊かにし、経済危機に備えている
  4. 健太くんは、居安思危、備えあれば憂いなしと考え、ベッドのそばに防災リュックとスニーカーを置いている。
  5. ともこちゃんがスニーカーで通勤しているのは、居安思危の考え方のためで、いざという時避難しやすいようになんですって。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索