現身説法【げんしんせっぽう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
現身説法

【読み方】
げんしんせっぽう

【意味】
仏や菩薩が衆生救済のために、様々な姿をとって法を説くこと。また、指導者が現在の姿や体験したことを示し、教え導くこと。

「現身」は、衆生救済のために、仮に相手に応じた姿をとって出現した仏の身体。三身の一つで、最も低い段階のものとされる。応化身。応身。化身。

【語源・由来】
『楞言経』「六」


現身説法(げんしんせっぽう)の使い方

ともこ
最近悩んでいる健太くんに一言贈るわ。抜け出すための一番の方法は、やり抜くことよ。
健太
ともこちゃんって、たまに深遠なことを言うよね。
ともこ
そうかしら。
健太
そうだよ。たまに、現身説法しにきた仏様なんじゃないかって思うんだもの。

現身説法(げんしんせっぽう)の例文

  1. 健太くんのおばあちゃんのように見えるけれども、きっと現身説法の仏だ。
  2. 健太くんは、現身説法の菩薩の説法で、悟りの境地に至りかけた。
  3. ともこちゃんは、自分が現身説法の仏さまだというけれども、絶対に詐欺だ。
  4. 現身説法の仏さまがこのお寺に来ているらしい。
  5. おばあちゃんは、現身説法の菩薩様に会うまで死ねないという。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事