懸頭刺股【けんとうしこ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
懸頭刺股

【読み方】
けんとうしこ

「頭を懸け股を刺す」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
苦労しながらも勉学に励むこと。

【語源・由来】
「戦国策」秦策、「蒙求」孫敬閉戸より。「懸頭」は縄を首にかけること。「刺股」は穴をあけるための錐でももを刺すこと。中国の漢の時代の楚の孫敬は、勉強をしているときに眠らないように、天井から下げた縄を首にかけて眠るとしまるようにして勉強し続けたという故事と、中国の戦国時代の蘇秦が眠くなるとももを錐で刺して、眠気を覚ましながら勉強したという二つの故事から。

【類義語】
・円木警枕(えんぼくけいちん)
・蛍雪之功(けいせつのこう)
・懸頭錐股(けんとうすいこ)
・懸梁刺股(けんりょうしこ)
・懸梁錐股(けんりょうすいこ)


懸頭刺股(けんとうしこ)の使い方

ともこ
健太くん。また0点をとったの?
健太
そうなんだ。また母さんに怒られるよ。
ともこ
懸頭刺股しないとだめじゃないの。
健太
今日から、勉強をするときは、体を椅子に縛り付けて、ゲームや漫画の誘惑に負けない様にしようかな。

懸頭刺股(けんとうしこ)の例文

  1. 志望校に合格するために、懸頭刺股しました。
  2. 春には笑っていられるように、懸頭刺股しました。
  3. 懸頭刺股して司法試験に合格しました。
  4. 兄は、勉強中眠くならない様に、瞼にテープを張って懸頭刺股しました。
  5. 懸頭刺股したので悔いはありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事